私がローンが嫌いになったきっかけは奨学金と料理教室である。
この金額なら払えるんじゃないか、そう錯覚させてしまう不思議な力がローンにはある。

ローン自体を否定しているわけではない、
車や家など、高額なものを購入するときはすぐにお金があるとも限らないだろう。
計画的で現実的にローンを組める人なら何の問題もないのだ。

私の場合、ほしい!したい!という気持ちが強くなると少々理性が飛んでしまうようだ。
こういう私のようなタイプはローンを組んではいけないのである。

私は大学進学の際に奨学金を借りる手続きをした。
毎月五万円借りていたのだが、当時の私に五万円の価値がわかっていたか疑問である。

しかし奨学金のおかげで私は大学に進めたのだから奨学金はまだよい。
私の判断ミスは大学卒業後の昨年、料理教室をローンで契約したことだ。
月々一万五千円の料理教室への支払いが今の私の経済状況を圧迫している。

奨学金という名の借りたお金が五万円も毎月振り込まれるという
大学時代を過ごした直後だったため、1万5千円は安く思えたのかもしれない。

経済的に苦しくようやく反省した今、ローンはもう組まないように決めている。

お金と時間はどちらが大切かということについて考えてみたいと思います。
私の周りには、会社での収入のみでは生活してくことが困難であり、
副業をしている人が何人かいます。
とは言っても、目的は様々で、家の事情により、
働いてお金を納めなければならない人もいれば、
小遣い稼ぎにさらなる収入を求めて、働いている人もいます。

現在の20代の副業者は、後者が圧倒的に多いと思われます。
私の周りの友人も、副業収入は自分のためのお金として、
貯めたり使ったりしている人ばかりです。
午前中の収入では、少し経済的に苦しいので、
副業をして、お金を得ていますが、同世代の私には、
いまいちその感覚が分かりません。

寝る時間も惜しんで、夜に働いて、
翌朝、疲労が残った状態で本業に向かっていて、
ほぼ1日中働いて、体が大丈夫なのか心配になってしまうこともあります。
友人たちは、慣れれば大丈夫と言いますが、仕事の後の時間や、休日は、
仕事のことを忘れて、リラックスする時間を作るほうが断然いいです。

給料はしっかりと管理すれば、お金には困らないと思うので、
副業をしてまでお金を必要とすることが私には理解できません。

自分自身への投資として資格を取得しています。
何か自分の武器になるものを身につける必要があると考えたのがきっかけです。
毎年1つずつ取得するのを目標にしています。

まずは実務面で使える資格をと考え、
最初に取得したのはMicrosoft Office SpecialistのWordとExcelです。
最低限のパソコンスキルがあると示した方が良いと考えたからです。

次に日商簿記2級を取得しました。
事務系の求人を見ていたら必要資格に書かれているのが
多かったのと会社の数字に強くなりたいと思ったからです。

自分自身への投資の資金を必ず回収するぞと図書館に通って必死に勉強したので、
今のところ毎年1つずつ取得を達成できています。
成功体験を積み重ねていくことで自分に自信が持てるようになりました。

tosyokan.jpg

今後は定年後の生活も見据えて資格も取得していきたいと考えています。
年金と貯金だけでは絶対に生活できませんからね。
マンション管理員検定が気になっています。

若いうちから自分自身への投資をしっかりしていこうと思います。

私達は新婚旅行にイタリアに行き、二人で旅費は50万円でした。
1週間の旅行で、旅行会社のツアーでイタリア全土をめぐるというものだったのですが、
1週間で50万円の旅費の他に、お土産など買い物代、
空港までの往復旅費、自由行動時の費用などかかり、
実質は60万円程度は支出したと思います。

この旅行をしたのが、結婚直後の5年前のことなのですが、
旅行に行く前はどうしようか悩みました。

新婚旅行に行けたら良いなとは思っていましたが、
旅費をどのぐらいかけるかということで、
結婚式を挙げたばかりの私達にとって、
50万円の出費は少なくなかったからです。

これからの生活のために貯金をしておくか、
新婚旅行を優先するかどうかを夫婦で悩んで、
今しかできない経験だからと、
夫の以前から行きたかった国であるイタリア旅行をしました。

結果として旅行から帰ってすぐに第一子妊娠がわかり、
それからは旅行などお金があっても行けない状態になりましたし、
5年経って小さな子どもが二人いる状態ではもっと無理になりました。

あの時に旅行をしたことは思い出になりましたし、
お金をかけても旅行をして良かったです。

夫の年収は男性正社員の平均と言われている値に近い程度の金額です。
多くはありませんが、少なくもないと世間では思われるのかもしれません。

しかし実際にその金額で大人二人、
子ども二人が生活しているとかなりカツカツな感じで、
いつも節約のことが頭にあると言っても過言ではありません。

たまに自分が専業主婦でいることが間違っていて、
保育園に入れて働きに出るべきだったかなと思うことさえあるぐらいです。
そんなカツカツと言っても、中古ではありますが戸建住宅を所有していますし、
軽自動車も1台ですが所有しています。

世の中にはもっと年収が低い中で、
子ども2人を育てているという状況を見聞きする中で、
子育て世代がもっと報われるような世の中になってほしいなと願っています。
少子化、少子化と言いますが、男性のお給料がある程度保障されて、
子どもを育てられるという金銭的な見通しができない中で、
結婚、出産を躊躇する人も多いのではないでしょうか。

そういったことに日々不満を募らせています。

高校1年、中学1年、小学3年の息子がいる我が家では
お金のやりくりは私の大切な仕事です。

マンションのローン、学資保険、それぞれの学費や習い事、お小遣い、食費、光熱費。
これだけで、主人のお給料は羽をはやして飛んで行ってしまいます。

世間では、収入の2割は貯金をするといいと聞きますが、
残念ながらそんな余裕はありません。

それでも、出来る限り子供たちに不自由を感じさせないように
出来る範囲でやっています。

節約を心掛ける時にまず検討するところ、
それは私のものを買うお金と、食費です。
食費は出来るだけ安く、沢山手に入るようにスーパーでは
にらめっこしながら買っています。

あとは私のもの。
これは買わないのではなく、これも安い割に良いものを探しています。
例として挙げると、化粧品は韓国の物を愛用しています。
同じアジアだからなのか、高いヨーロッパのメーカーのものよりも
香りも好きだしお値段もお手頃です。

日本製もいいのですが、やはり良いものは高いので手が出ません。
性格上このようなやりくりが好きなのでストレスはなく、
楽しく節約できているのでこれからも楽しくやりくりしていきたいと思います。

最近の節約、それは美容室です。

ずっとショートボブで変わらない髪型だったのですが、
だいたい2ヶ月に1度の頻度でいかなければならず、
白髪染めもするので1度に1万円は超えてしまいます。

仕方ないなと思い通っていたのですが、
毛染めもすぐ白髪が伸びてくるのでこれは自分で染めるしかないと思い、
まずは毛染めは自分ですることにしました。
これで5000円は節約になります。

それでもまた2ヶ月後にはカットでいかなければならないので
今度は髪を伸ばしていく回数を減らそうと思い、我慢して7ヶ月伸ばしました。
さすがに毛先がバラバラになってきてくせ毛も酷くなったので
1度美容室に行って整えてきました。

毛染めはしなくても13,000でした。
それでもまたしばらくは行かなくても良いし、
伸びてきたから夏場と結んでいれば大丈夫だと思います。
浮いたお金を積み立てかへそくりに回そうと思います。

グルメでなくなってしまうのはもったいないですからね。
これからも別な節約方法見つけて頑張ろうと思います。

たとえば、食品を節約するくらいなら
美容面を節約すればいいとわたしはいつも思っています。
というのも、食事の面で節約をし過ぎてしまうと
食生活が貧しくなってしまって心まで貧しくなってしまうからです。

女性は特に食事を大事に考えないとダメです。
早く更年期の症状がきたり早く老けてしまって、
「後悔した時にはもう遅い」という状態になってしまいます。
だから食事の面で過度にケチケチしない方がいいのです。

ケチになるところはケチになればいいけれど、
食生活だけはケチケチしないで、
その日その時食べたいものをしっかり食べるようにしています。
そうすることで身体が元気になり病気にかかりにくくなると思うのです。

病気になりにくい身体になれば病院代や薬代が節約できます。
病院代は家計の大きな負担になりますし、
ドラッグストアで風邪薬などを買ってもかなり家計を圧迫しますから、
食事は栄養のあるものを自分で調理してしっかり食べることを心がけています。

節約。
独身時代の私には無縁の言葉。
特に節制しなくても、それなりにお金が溜まっていた。

でも結婚してそれが一変!
子どもとの時間が欲しかった私は出産を前に仕事を辞めた。
それが間違いだったのかもしれない......。

旦那さんが頑張ってないわけでもない。
ちゃんと真面目に働いて、ギャンブルもしないし、たばこだって止めてくれた。
本当に自慢の旦那さん。

でも、旦那さんの実家が貧乏...
結婚してから知った、大学の奨学金。
まるまる4年分がっつり。
正直びっくりした。

でも、自分が選んだ道。
しっかりしなきゃと思って頑張ってきた。
そんな中で、私が一番変わったのがドケチな性格になったことだろう。

とにかく、ポイントや懸賞などが大好きになった。
旦那さんからはポイントおばさんと呼ばれるようになった。
光栄だ。

節約生活が辛いと思ったことはまだない。
多分そこまで徹底してないからだと思うが....
外食を減らし、車の使用を減らし、スーパーの特売品を買いに走る私。
でも、子供との時間は節約しなくてよかったと思う毎日。
だって日々の成長を側でみられるなんてすごく素敵なことでしょ!

sale.jpg

私は昨年まで実家暮らしで、父の月収が40万円以上あったので、
なに不自由ない生活を送らせてもらっていました。

しかし、結婚し娘も生まれた今、旦那の月収は14万円。
一気にどん底まで落ちてしまいました。
家族3人の生活はとても幸せですが、
結婚式を控えた今生活をするのはカツカツです。
そこで私は節約を始めました。

まず、食に関してだけは贅沢すぎないようにするけれど、
ひもじい我慢ばかりの食事にしないこと。
なので、4万円を食費に毎月使えるようにしています。

そして、生活用品は月に1万円分しか買えないようにします。
たくさん欲しいものがあっても来月に回していいものと
今月必要なものを考えて購入します。

医療費は、使った分を次の月に足す感じで1万円分置いておきます。

このように細かく分けて置くことによって無駄遣い省けますし、
残った分は貯金に回せば少しずつでも貯めることができます。

電気代やガス代、水道代も節約を頑張れば、
合わせて5000円ほどは浮かすことができますよ!